トップ  »  過去の事業  »  及川豪鳳展

過去の事業

及川豪鳳展  

gouhou.jpg

奥州市江刺区中町商店会では、町全体を美術館に見たてた「蔵シックギャラリー」
を企画しています。今回のロビーギャラリーでは、その中から中町に暮らし江刺を
愛した日本画家・及川豪鳳の作品をお借りして展示します。

東京芸術大学の中庭に建っている川端玉章先生顕彰碑の側に銅鋳の六角柱が有る。
三井家を頂とする画学校の弟子達の名(雅号)と生年月日が刻まれ、その最上段の
真ん中に及川豪鳳の名前が連座して居る。
 豪鳳は本名を一(はしめ)といい、明治27年(1894)及川直康・よしえの長男
として旧岩手県江刺郡岩谷堂町中町(現江刺市中町)に生まれた。父母の希望は商
人にすることであったが、父直康が日本画を描いていた影響もあって、少年期から
日本画を好み、画業の道に進むことを切望した。高等小学校を卒業後、伯父の助力
もあって上京を果たし、大正3年(1914)小石川の川端画学校に入学した。しかし
在学中に両親が相ついで亡くなり、唯一援助を惜しまなかった伯父にも逝かれる不
運が続き、中央で嘱望されながらも長男なるが故にその道を断念、苦学の末大正7
年(1918)同校卒業と同時に郷里江刺に帰った。以後、一度県展に出品した以外
はどの画壇にもくみすることなく、ひたすら郷里のために描き続け、父母の生家や
妻チヨを始め、江刺内外の多くの方々の暖かい支援のもとで、昭和45年(1970)
4月29日に永眠するまでの50年余を書画一筋に歩むことができたのである。
 後年、自宅を開放して主に町内の当時の子供達を対象に書道塾を開いたが、もと
もと「書道塾」と堅苦しいのが目的ではなかった。色々な習い事に通える子はとも
かく、それが出来ずにいる子が「あばれん坊」的に遊んでばかりでは明日の為にな
らない。「何かを習うという事で意欲と自信が湧き、情操的にも役立つ」との考え
から始めたと聞いている。だから級も段もない。皆な同じ、◎と優だけで終始した。
多い時で七十余人を数えた。父兄から「何んぼ包んだらえのが、わがんねがら月謝
決めてけらんや」と言う声が出ていたが「気持ちだけでいいのだから」と終生決め
る事はなかった。定める事に依って通えなくなる子の事を考えていた様である。
 また地方では日本画だけでの生計は無理と、自らの経験から一切日本画の弟子は
とらず、息子にもそれを望まず師範学校に進ませ、二人の娘にも同様、美術につい
ては一切伝える事はしなかった。そのため豪鳳の名は地元以外では一切世に出るこ
とはなく、まさに「名もなく、貧しく、美しく」を地で行くような人生を送り、病
の床の中で「筆一貫」の書を残し、静かに世を去ったのである。
 及川豪鳳は四条派(しじょうは・円山応拳系)を継ぐ当地最後の画家であった。
代表作には、正法寺(水沢市)の襖絵、光明寺(江刺市)の屏風と襖絵、大安寺
(水沢市)の白衣観音像図(掛軸)と屏風絵などがあるが、江刺・水沢周辺の寺院
や個人宅などには多数の作品が保存されている。

会 期:2008年92日(火)930日(火)(月曜休館)


お問い合わせ
江刺体育文化会館
〒023-1111 岩手県奥州市江刺区大通り1-59
TEL:0197-31-1607(FAX兼)